BLOGブログ
BLOG

バイオリンと譜読み

2018/07/02

こんにちは。

名古屋市緑区のとうかい音楽教室です。

今日はバイオリンと譜読みについて書いていきます。

バイオリンは譜読みができないと弾けないと思っている方も多い

かと思いますが、実は楽譜が読めなくてもバイオリンは

弾けます。

しかし、クラシックでバイオリンを弾くときは楽譜が読めない

より読めた方がいいです。

初めから楽譜は読むものと思わせることで、楽譜を見ること

に慣れさせる事が大切です。

五線譜を最初から見て弾くことはしませんが、算数のように

わかりやすく整理された形になっているので、一度譜読みの

方法がわかれば、どの楽器にも対応します。

そのためには楽譜や音符に親しむ機会(ソルフェージュ)を早く

から持つようにすることも大事だと思います。

 

 

当教室では初めての方、譜読みがまだできない、すでに

経験しているけどもっと上手になりたい方など

幅広くレッスンしていますので

お気軽にお問合せください!